DIARY

日常のことや、マンガ、アニメ、映画、ドラマ、フィギュアスケートの感想などをつらつらと書いています。らくがきもあり。特に説明がないものは基本的に自作小説に登場するオリジナルキャラクターです。

NOVELS

氷の宰相補佐と押しつけられた厄災の花嫁

氷の宰相補佐と押しつけられた厄災の花嫁

王命により、アイザックはまだ十歳の少女を妻として娶ることになった。

彼女は生後まもなく始末されたはずの『厄災の姫』である。最近になって生存が判明したが、いまさら王家に迎え入れることも始末することもできない——悩んだ末、国王は序列一位のシェフィールド公爵家に押しつけたのだ。

update: 2024-07-17

伯爵家の箱入り娘は婚儀のまえに逃亡したい

伯爵家の箱入り娘は婚儀のまえに逃亡したい

だから、きっと、恋を知らないままでよかった。

伯爵令嬢のシャーロットはもうすぐ顔も知らないおじさまと結婚する。だから最後にひとつだけわがままを叶えようと屋敷をこっそり抜け出した。そこで知り合ったのは王都の騎士団に所属するという青年で――。

update: 2022-06-16

オレの愛しい王子様

オレの愛しい王子様

幼なじみの男装令嬢に片思いする少年の話。

ずっと翼のそばにいて、翼を支える――幼いころ創真はひとりの少女とそう約束を交わした。少女はいつしか麗しい男装で王子様と呼ばれるようになるが、それでも創真の気持ちはあのころのまま変わらない。

update: 2020-05-12

自殺志願少女と誘拐犯

自殺志願少女と誘拐犯

オレに誘拐されてみないか――ある夏の日、千尋は暴走車に飛び込もうとした少女を助けると、そう言って彼女のまえに手を差し出した。

update: 2018-06-20

機械仕掛けのカンパネラ

機械仕掛けのカンパネラ

お父さんを殺した男を殺すんだ、七海のこの手で――。淡い月明かりに照らされた静謐な夜、父親が惨殺された。幼い七海は復讐を誓う。父親の親友で七海の親代わりとなった拓海とともに。

update: 2020-07-22

誰がために鼓動は高鳴る

誰がために鼓動は高鳴る

陽菜は生まれつき心臓に欠陥を抱えていたため、学校にも行けず、友達もできず、家族にさえ持て余される有り様で、いつしか生きることをあきらめるようになっていた。しかし――。

update: 2015-09-13

東京ラビリンス

東京ラビリンス

双子の兄妹である遥と澪は、17歳の誕生日、ある突拍子もないことを祖父に命じられる。それは、かつて世間を騒がせた絵画泥棒・怪盗ファントムの後継者となることだった。

update: 2015-09-27

ピンクローズ - Pink Rose -

ピンクローズ - Pink Rose -

王宮医師のラウルは、ある日、父親に手を引かれて歩く小さな少女を見て驚く。彼女のあどけない笑顔には、かつて助けられなかった大切な少女の面影があった。

update: 2010-03-23

遠くの光に踵を上げて

遠くの光に踵を上げて

魔導アカデミーに通う18歳の少年と10歳の少女の、出会いから始まる物語。

少年はまだ幼いその少女に出会うまで敗北を知らなかった。名門ラグランジェ家に生まれた少女は、自分の存在を認めさせるため、誰にも負けるわけにはいかなかった。

反発するふたりだが、緩やかにその関係は変化していく。

update: 2011-12-25

ILLUSTRATIONS

PROFILE